カスタムQRコード機能の初期設定

カスタムQRコード機能を利用するにはLINE DevelopersでLINEログインチャネルを作成し接続する必要があります。

以下、設定手順について説明します。

1. LINEログインチャネルの作成

LINE Developersにログインし利用するプロバイダーを選択します。その後、一覧の先頭にある「新規チャネル作成」をクリックしてください。

1-Oct-16-2021-09-01-21-35-AM

ポップアップウィンドウで「LINEログイン」を選択します。

2-Oct-16-2021-09-03-15-72-AM

必要な項目を入力してLINEログインチャネルを作成します。

チャネルアイコン、チャネル名、チャネル説明はユーザーの目に触れる部分です。特別な事情が無い限りは、LINE公式アカウントで設定した名称やアイコンを設定します。

アプリタイプは「ウェブアプリ」を選択してください。プライバシーポリシーURLやサービス利用規約URLは任意です。

最後にLINE開発者規約に同意して作成ボタンをクリックします。

4-Oct-16-2021-09-10-22-02-AM

2. LITTLE HELP CONNECTとの接続

作成したLINEログインチャネルで発行されたキーをLITTLE HELP CONNECTの設定画面にコピーし接続を行います。

まずはLINEログインチャネルの「チャネルID」と「チャネルシークレット」をLITTLE HELP CONNECTの接続設定の「LINEログイン」の「チャネルID」「チャネルシークレット」にコピーしてください。

3-Oct-16-2021-09-13-21-19-AM

5-Oct-16-2021-09-15-10-36-AM

その後、LITTLE HELP CONNECTで発行された「コールバックURL」をLINEログインチャネルの「LINEログイン設定」配下にある「コールバックURL」にコピーします。

7-4

カスタムQRコード経由でLINE友だちのメールアドレスを取得したい場合は下記の設定を行います。

LITTLE HELP CONNECTの接続設定で「LINE友だちのメールアドレスを取得する」を有効にし、表示される「LINEログイン サンプルページ」をブラウザで開きます。

6-Oct-16-2021-09-21-22-96-AM

表示されたページのスクリーションショットを取得します。

8-4

LINEログインチャネルの「チャネル基本設定」に戻り、「メールアドレス取得権限」で「申請」ボタンをクリックします。規約を遵守する旨にチェックを入れ、取得した「LINEログイン サンプルページ」のスクリーンショットをアップロードし保存します。

9-4

最後に「リンクされたボット」で対象のLINE公式アカウントを選択してください。これで接続設定は完了です。

10-3

3. LIFFアプリの設定

カスタムQRコードをスキャンした際に強制的にLINEアプリのブラウザを開かせるために、LIFFアプリの設定を行います。

LINEログインの「LIFF」タブに移動し、LIFFアプリを追加します。

11-2

LIFFアプリ名はユーザーの目に触れる部分です。特別な事情が無い限りは、LINE公式アカウントで設定した名称を設定します。

サイズは「Full」を指定します。

LITTLE HELP CONNECTの接続設定から「LIFFエンドポイントURL」をコピーし、LIFFアプリの「エンドポイントURL」に貼り付けます。

12-1
13-2

Scopeは全てにチェックを入れてください。ボットリンク機能は「On (Aggressive)」を選択します。

設定が完了したら「追加」ボタンをクリックしてください。

14-1

LIFF URLが発行されますのでコピーして、LITTLE HELP CONNECTの接続設定に貼り付けます。

16-1
17-1

以上でLIFFアプリの設定は完了です。

4. LINEログインチャネルの公開

全ての設定が完了したらLINEログインチャネルを公開します。上部の「非公開」ボタンをクリックするとポップアップウィンドウが表示されるので「」をクリックしてチャネルを公開します。

18-1

19-1

以上でLINEログインの設定は完了です。おつかれさまでした。


Next: カスタムQRコードの作成