LINE友達とHubSpotコンタクトとのID連携

LINE友達のメールアドレスを取得し、HubSpotのコンタクトと連携(以降、ID連携と呼びます)するための手順について説明します。

ID連携は任意です。LINE友達とHubSpotコンタクトを統合しない場合、本設定はスキップしてください。

1. LINEログイン チャンネルの設定

LINE公式アカウントの「LINEログイン」チャンネルの設定を行います。プロバイダー画面の「新規チャンネル作成」ボタンを選択してください。

その後、「LINEログイン」を選択します。

アプリ名とアプリ説明は自由に設定ください。アプリタイプについては「Webで使う」を選択します。

1-a) 「Channel ID」と「Channel Secret」

LINEログインチャンネルで発行された「Channel ID」と「Channel Secret」の値をコピーします。

その後、値をLINE接続設定の「Channel ID」と「Channel Secret」に登録します。

登録が完了すると、LINEログインのURLとQRコードが発行されます。

このURLとQRコードを配布してLINE友達にID連携を促すことができます。接続設定ページ下部の「ダウンロード」ボタンからQRコードの画像ファイルをダウンロードしてください。

1-b) LINEログイン後のURL

LINE友達がID連携した後に表示するページを指定できます。接続設定の「LINEログイン後のURL」フィールドに遷移先のURLを指定してください。

もしURLを登録していない場合は、LINE友達はID連携後に「OK」とだけ書かれたページが表示されます。

もしID連携後に該当のLINE公式アカウントとのチャット画面を表示したい場合、「LINE URLスキーム」の登録をおすすめいたします。LINE URLスキームは以下のような記述です。

line://ti/p/@{LINE公式アカウントのID}

LINE公式アカウントのIDについては、アカウントマネージャーの上部バーで確認できます。IDの先頭にある @ マークを含めてください。

1-c) Callback URL

LINE接続設定で発行された「Callback URL」の値をコピーしてください。その後、LINEログインチャンネルの「アプリ設定」タブに移動し、「Callback URL」フィールドに値を追加してください。

1-d) このチャネルにリンクされたボット

「2. Messaging APIの有効化」で選択したMessaging APIチャンネルを選択してください。

1-e) OpenID Connect - メールアドレス

LINE友達のメールアドレスを取得するために必要となる設定です。「OpenID Connect」配下にある「申請」ボタンをクリックしてください。

LINE接続設定に戻り、「LINEログイン サンプルページ」の値をコピーします。その後、そのURLのページを開いてください。

表示されたページのスクリーンショットを取得してください。その後、「申請」ボタンをクリックして表示されるダイアログにアップロードします。その後、ダイアログのフォームを申請してください。

1-f) LINEログインチャンネルの公開

最後に、LINEログインチャンネルを公開します。

2. ID連携の実施

LINE友達がLINE接続設定で発行されたURL(またはQRコード)を開くことで、以下の認証画面が表示されます。LINE友達がID連携を許可すると、ご利用のHubSpotポータルに存在する同一のメールアドレスを持つコンタクトと連携します。

LINE ID連携のプロセスで、下記の画面が表示されます。これはLINE公式アカウントを友達として追加することを促す画面です。

ID連携後、LINE友達は接続設定の「LINEログイン後のページ」フィールドで設定したURLにリダイレクトされます。

このプロセスの内部では、LINE友達の情報をHubSpotポータルのコンタクトと同期します。連携はLINE友達のメールアドレスを利用してコンタクトをマッチングします。該当のメールアドレスを持つコンタクトが見つかった場合は情報を追加し、見つからない場合は該当のメールアドレスを利用して新しくコンタクトレコードを作成します。

また、該当のLINE友達に紐づくHubSpotコンタクトが既に存在する場合は、そちらのコンタクトとのマージを行います。

LINE ID連携が完了すると、コンタクトレコードの「LINE User Id」「LINE User Name」「LINE User Picture」そして「LINE ID Sync Date」の4つの値が更新されます。

もしLINE友達がメールアドレスをアカウントに登録していない場合、連携は一意となるLINE IDを利用してダミーのメールアドレスを作成します。ダミーのメールアドレスは「{LINE ID}@line.me」となります。

3. LIFFアプリを利用したID連携

こちらの設定はオプションです。

LIFFアプリを利用することで、LINEログインの操作をLINEアプリのブラウザで実行するように強制できます。これにより、ユーザーがID連携する際にEメールアドレスとパスワードを入力する必要がなくなります。通常はパスワードを入力する必要はないのですが、残念なことに一部の端末ではそのような動きになります。

Messaging APIチャンネルの「LIFF」タブにある「追加」ボタンをクリックしてください。

LINE接続設定にある「LIFF エンドポイント URL」の値をコピーしてLIFFアプリの「エンドポイント URL」に設定してください。

「名前」フィールドに任意の名前(通常はLINEアカウントと同じ名前)を入力し、「サイズ」フィールドで「Full」を選択します。「BLE feature」と「ScanQR」の値はデフォルトの「OFF」のままにして、「Scope」フィールドの「profile」にチェックをつけます。

設定完了後、「LIFF URL」の値をLittle Help App Managerの接続設定にある「LIFF URL」フィールドにコピーします。

これにより、LINEログイン(LIFF利用)のURLとQRコードが発行されます。

上記の設定により、通常の「LINEログインURL」に加えて、「LINEログインURL(LIFF利用)」も発行されます。この場合、QRコードは「LINEログインURL(LIFF利用)」のページに誘導します。

Next: APIドキュメント