他社のLINE連携ツールからの移行はどうすればよいですか?

下記2つの移行方法をお選びいただけます。

1. 一気に移行する

LINE公式アカウントで設定できる「Webhook URL」は一つだけです。通常、この「Webhook URL」にLINE連携ツールが発行するURLを設定してアカウントをツールと連携させます。

このURLをLittle Help App Managerが発行したものに差し替えることで連携ツールが切り替わり、以後は過去のツールの機能は使えなくなります。

別のLINE連携ツールで管理していたLINE友達をHubSpotのコンタクトとしてインポートするには、LINE友達にメッセージ送信など何かのアクションを実行していただく必要があります(LINE公式アカウントの既存のLINE友達をHubSpotにインポートする場合と同じ手順です)。

2. 少しずつ移行する

既存のLINE連携ツールを利用したまま、ID連携によりHubSpotのコンタクトを作成することが可能です。この場合は、LINE公式アカウントの「Webhook URL」は現在利用しているLINE連携ツールが発行した値のままで問題ありません。

「Webhook URL」をLittle Help App Manager指定のものに設定していない場合、1:1のチャットや友達追加時のコンタクト自動作成は行われませんが、ワークフローからのLINEメッセージのセグメント配信は可能です。