LINE公式アカウントとの接続

HubSpotとLINE公式アカウントの接続は主に下記の3ステップです。

1. Webhook URLの設定
2. チャネルアクセストークンの設定
3. Webhookの有効化

それぞれについて順を追って説明します。

1. Webhook URLの設定

接続するLINE公式アカウントの管理画面にログインします。ログイン後、画面の右上にある「設定」をクリックしてください。

2-1

設定画面の左側メニューにある「Messaging API」を選択します。

4-2

LITTLE HELP CONNECTの管理画面からWebhook URLをコピーして貼り付けます。

5-3

貼り付け後、「保存」ボタンをクリックしてください。

6-2

以上でWebhook URLの設定は完了です。

LINE公式アカウントがLINE Developersと紐づいていない場合、まずは紐付けを行う必要があります。手順については「Messaging APIの有効化」を参照してください。


2. チャネルアクセストークンの設定

続いてチャネルアクセストークンの設定を行います。チャネルアクセストークンはLINE公式アカウントに紐づくLINE DevelopersのMessaging APIチャネルで発行します。

Messaging API設定画面の下にあるリンク「LINE Developers」をクリックしてLINE Developersの管理画面に移動します。

7-1
8-1

コンソールに移動後、LINE公式アカウントに紐づくプロバイダーを選択してください。

9-1

LINE Developersの画面が英語表示の場合、右下の選択肢から「日本語」を選ぶことで表示を日本語に変更できます。


その後、プロバイダー配下にある「Messaging API」チャネルを選択します。

10-1

上段の「Messaging API設定」タブを選択します。

11

ページの一番下までスクロールすると「チャネルアクセストークン(長期) 」という項目があります。「発行」ボタンを押してトークンを発行し値をコピーします。(※既に発行済みのトークンがある場合はそのままそちらを利用いただいて構いません)

12

コピーしたトークンをLITTLE HELP CONNECTの接続設定に貼り付けます。

13

以上でチャネルアクセストークンの設定は完了です。

3. Webhookの有効化

LINE公式アカウントの管理画面に戻り、「応答設定」メニューを選択します。


14

詳細設定にある「Webhook」を「オン」にします。また「あいさつメッセージ」や「応答メッセージ」もLITTLE HELP CONNECTで設定できるため、LINE公式アカウントの機能はオフにします。

15

以上でWebhookの有効化は完了です。

最後にLITTLE HELP CONNECTの接続設定に戻り、任意の接続名(通常、LINE公式アカウントと同じ名前を付けていただくことが多いです)を入力し、利用規約への同意にチェックをつけて「LINE公式アカウントを接続」ボタンをクリックしてください。

16

以上で接続の設定は完了です。おつかれさまでした。


4. 動作確認

接続が正しく行われているか確認します。LINE公式アカウントの左上にある「ホーム」から左側のメニューにある「友だちを増やす」→「友だち追加ガイド」を選択してください。

17

お手元のLINEアプリでQRコードをスキャンし、アカウントと友だちになります。この操作により接続しているHubSpotにコンタクトレコードが自動作成されます。

18

19

作成されたコンタクトの詳細画面から1:1のLINEチャットが可能です。「1:1チャットの概要(HubSpot)」を参考にぜひ機能をお試しください。

接続前に既に友だちになっている場合、QRコードのスキャンではHubSpotにコンタクトは作成されません。その場合。LINE公式アカウントをブロックしブロック解除するか、何かメッセージを送る必要があります。詳細の仕様については「LINEコンタクトの作成」をご参照ください。

HubSpotにコンタクトが作成されない場合、以下を改めてご確認ください。

- Webhook URLは正しく設定されているか
- チャネルアクセストークンは正しく設定されているか
- 応答設定でWebhookは「オン」になっているか

上記が問題ないにも関わらずHubSpotにコンタクトが作成されない場合は画面右下のチャットよりご連絡ください。トラブルシューティングのお手伝いをいたします。


Next: 連携のオプション