LINE公式アカウントとの接続

続いて、LINE公式アカウントとの接続を行います。

本作業はLINE公式アカウントとLINE Developersの管理画面でAdmin権限を持つユーザーで行います。


1. アカウント接続の作成

LITTLE HELP APP MANAGERにてアカウント接続を作成します。LINE OAメニュー配下の「アカウント接続」を選択し、一覧の右上にある「+ LINE公式アカウントを接続する」ボタンから作成画面を表示します。



作成画面では名前と説明、アイコン画像を入力します。これらの情報はHubSpotの設定画面でLINE公式アカウントを選択する際に利用されます。



2. Webhook URLの設定

アカウント接続を作成すると、LINE公式アカウントと接続するための「Webhook URL」が発行されます。このURLをコピーしてください。



続いて、LINE公式アカウントの管理画面「LINE OFFICIAL ACCOUNT MANAGER」にログインします。



画面右上の「設定」メニューから設定画面を開き、画面左のメニューから「Messaging API」を選択します。



もしLINE公式アカウントのMessaging APIが有効になっていない場合は「Messaging APIを利用する」ボタンをクリックして利用を開始してください。

その際にはプロバイダーも新規で作成します。名称は任意ですが、後で分かりやすいよう、LINE公式アカウントと同じものがよいかと存じます。



その後に表示されるプライバシーポリシーや利用規約欄は空白のままで構いません。必要に応じて後から設定いただけます。

設定が完了したら、Webhook URL欄にLITTLE HELP APP MANAGERからコピーしたWebhook URLの値を設定してください。



その後、画面下にある「LINE Developers」のリンクをクリックしてLINE Developersの管理画面に遷移します。

3. チャネルアクセストークンの設定

チャネルアクセストークンの設定を行います。「LINE Developers」の管理画面で該当のプロバイダーを選択し、Messaging APIチャネルを選択してください。



詳細画面の上部にある「Messaging API」タブを選択します。



画面の一番下までスクロールし、「チャネルアクセストークン(長期)」を発行します。その後、発行した値をコピーしてください。



コピーした値をLITTLE HELP APP MANAGERの「チャネルアクセストークン(長期)」欄に貼り付けて保存します。



最後にLINE公式アカウントの管理画面に戻り、設定の応答設定で応答モードを「Bot」に、また応答メッセージを「オフ」に、Webhookを「オン」にしてください。



以上でLINE公式アカウントとの接続は完了です。

Next: LINEログインとの接続