接続のオプション

これまでで基本的な接続の設定は完了しましたが、いくつか便利なオプションを用意しています。必要に応じてご利用ください。

1. 「HubSoptコンタクトを自動作成する」オプション

LINE公式アカウントにLINE友だちが追加されたタイミングで、自動的にHubSpotのコンタクトを作成するかどうかを設定できます。



既存のLINE友だちについては、相手が何かしらのメッセージを送信したタイミング、またはブロックを解除したタイミングでHubSpotにコンタクトが作成されます。

2. 「メッセージ受信時にHubSpotタスクを自動作成する」オプション

LINE友だちからメッセージが届いた際に、コンタクトの担当者宛にタスクを作成するかどうかを設定できます。



ワークフローで独自の通知方法を構築したい場合は、こちらのオプションでタスク作成による通知を無効化いただけます。

3. 「LINEログイン時にメールアドレスを取得する」オプション

LINEログイン時にLINE友だちのメールアドレスを取得するかどうかを設定できます。



メールアドレスを取得する場合、LINEログインチャネルの設定でログイン画面のスクリーンショットをアップロードする必要があります。LITTLE HELP APP MANAGERの「LINEログインのサンプルページ」のURLをコピーし、新しいウィンドウで開いてください。



表示された画面のスクリーンショットを取得し、LINEログインチャネルに設定します。チャネル下部にある「メールアドレス取得権限」の「申請」ボタンをクリックして申請画面を表示します。



注意事項を確認の上、スクリーンショットをアップロードし保存してください。



この設定により、LINEログイン時にLINE友だちからメールアドレス取得の許可を得ることができます。



4. 「LINEログイン後のページ」オプション

「LINEログイン後のURL」でLINEログインの後に表示させるWebページを指定できます。



LINEログイン後にWebページではなくLINE公式アカウントのチャット画面を表示させたい場合は、LINE URLスキームの「line://ti/p/@{LINE公式アカウントのID}」をご指定ください。



5. LIFFアプリの利用オプション

ID連携や流入経路分析のために独自のQRコード(とリンク)を発行することができますが、デフォルトでは、それらを利用する際にデバイスの標準ブラウザが開いてしまいます。利用者によってはLINEアカウントのメールアドレスとパスワードをブラウザで入力する必要があり、そのタイミングでの離脱に繋がりかねません。

この事象を回避するために、LIFFアプリを利用できます。下記の設定を行うことで、独自のQRコード(とリンク)を開く際、LINEアプリのブラウザを強制することができます。



LINEログインチャネルの「LIFF」タブからLIFFアプリを追加します。



作成画面では、LIFFアプリ名はLINE公式アカウントと同じ名称を入力し、サイズは「Full」を選択してください。続いて、LITTLE HELP APP MANAGERから「LIFFエンドポイントURL」の値をコピーし、エンドポイントURLに登録します。



Scopeでは「openid」を選択してください。



続いて、ボットリンク機能では「OFF」を選択します。



最後の「追加」ボタンを教えて登録を完了させてください。LIFF URLが発行されるので、その値をコピーし、LITTLE HELP APP MANAGERに登録してください。



最後に保存ボタンを押します。

以上でLIFFアプリの設定は完了です。

Next: LINE友だちの顧客管理(CRM)について