Flexメッセージの送信

ワークフローからFlexメッセージを配信する方法について説明します。

Flexメッセージは自由なレイアウトで配信できるメッセージです。仕様の詳細についてはLINE Developersのドキュメントをご参考ください。

こちらのリッチメッセージと同様、HubSpotから配信するにはJSONデータを生成する必要があります。JSONデータの生成はLINE社が提供する「Flex Message Simulator」をご利用ください。





生成したJSONデータを下記の「contents」キーにコピーしてご利用ください。

{
"type": "flex",
"altText": "This is a Flex Message",
"contents": ...
}


JSONデータをご自身で作成する必要があるため、少し難易度が高いかと存じます。JSONデータが適切かどうかは「JSONLint - The JSON Validator」というオンラインツールを利用して確認ください。

最後にワークフローの送信アクションの「LINE Message」欄にJSONデータを貼り付けます。





Flexメッセージと後述する「プログラム可能なチャットボット」を組み合わせることで様々なサービスを提供できます。ぜひご活用ください。

Next: その他の形式のメッセージ送信