スマートリッチメニューの作成

リッチメニューの出し分けを行うために、まずはLITTLE HELP APP MANAGERでスマートリッチメニューで利用する画像をアップロードします。

スマートリッチメニューはアカウント接続毎に設定します。アカウント接続の詳細画面上部にある「メニュー」タブから一覧画面に移動してください。



その後、一覧の右上にある「+」ボタンを押して作成画面を表示します。



下記の項目を入力してスマートリッチメニューを作成します。

  • タイトル(必須)
    スマートリッチメニューの名称を入力します。
  • 画像(必須)
    スマートリッチメニューで利用する画像をアップロードします。横 2500px × 縦 1686px の画像をアップロードしてください。最大ファイルサイズは1MBです。
  • メニューバーのテキスト(必須)
    スマートリッチメニューのバーに表示されるテキストを指定します。



  • デフォルトで表示する(任意)
    デフォルトで利用する場合はチェックをつけてください。
  • 対象者リスト(任意)
    スマートリッチメニューを表示したい対象を指定します。HubSpotにて条件指定したリストを作成し、ドロップダウンから選択してください。
  • 優先順位(任意)
    他のスマートリッチメニューと対象者が重複する場合の優先順位を指定します。小さい数が優先されます。
  • テンプレート(必須)
    スマートリッチメニューのタップ可能領域を指定します。7つのパターンから選択可能です。



  • アクションタイプ(必須)
    選択したテンプレートの領域をタップした際に実行するアクションを設定できます。
    • 「テキスト」... テキストを送信させます
    • 「リンク」... Webページを表示します
  • アクション(必須)
    アクションタイプが「テキスト」の場合は送信させたいテキスト、「リンク」の場合は表示したいWebページのURLを指定します。
  • このリッチメニューを有効にする(任意)
    スマートリッチメニューの利用を開始する際はオンにしてください。

Next: スマートリッチメニューの切り替え