自動応答の作成

自動応答はLITTLE HELP APP MANAGERで設定します。アカウント接続の詳細画面上部にある「自動応答」タブから一覧画面に移動してください。



その後、一覧の右上にある「+」ボタンを押して作成画面を表示します。



下記の項目を入力して自動応答を作成します。

  • タイトル(必須)
    自動応答の名称を入力します。
  • 種類(必須)
    • テキスト」... LINE友だちのテキストメッセージに応答します。
    • ポストバック」... LINE友だちのポストバックアクションに応答します。ポストバックアクションはFlexメッセージのボタンタップなどで送信されます。詳細についてはLINE Developersのドキュメントをご参照ください。
    • 返信」... 返信に対して応答します。
      • 返信の対象
        • 自動応答」... 特定の自動応答の返信に対して応答します。
        • タグ」... ワークフローから送信されたタグ付きメッセージの返信に対して応答します。
      • 入力の検証
        • なし」... 入力の検証は行いません。
        • メールアドレス」... 入力内容がメールアドレスかどうかチェックします。
        • 電話番号」... 入力内容が電話番号かどうかチェックします。
        • カタカナ」... 入力内容がカタカナかどうかチェックします。
          • エラーメッセージ
            入力の検証で不正だと判断した場合に送信するメッセージを指定します。
  • キーワードを設定する(任意)
    応答するキーワードを指定する場合にオンにします。
  • キーワード(任意)
    応答するキーワードを指定します。カンマ(,)で区切ることで複数のキーワードを指定することができます。
    • 条件
      • と一致する」... 送信されたメッセージ(またはポストバックアクション)がキーワードと完全に一致する場合に応答します。
      • を含む」... 送信されたメッセージ(またはポストバックアクション)がキーワードを含む場合に応答します。
      • から始まる」...  送信されたメッセージ(またはポストバックアクション)がキーワードから始まる場合に応答します。
  • 時間帯を設定する(任意)
    • 曜日
      自動応答を行う曜日を指定します。
    • 時間帯
      自動応答を開始する時間と終了する時間を指定します。
  • 応答内容(任意)
    条件に合致する場合に送信するメッセージを登録します。また任意のスクリプトを実行することも可能です。詳細については「スクリプトの埋め込み」を参照ください。
  • ワークフロー(任意)
    自動応答の際にHubSpotのワークフローにコンタクトを登録することができます。
  • 自動応答時にタスクも作成する(任意)
    自動応答の際にコンタクト担当者にタスク通知をするかどうか指定できます。
  • この自動応答を有効にする(任意)
    自動応答の利用を開始する際はオンにしてください。

条件に合致した場合、応答内容のメッセージが即座に送信され、また指定のワークフローにコンタクトが登録されます。

Next: スクリプトの埋め込み